Spanish 文法 接続法過去完了

●活用
haberの接続法過去+過去分詞

hubiera tomado
hubieras tomado
hubiera tomado
hubiéramos tomado
hubierais tomado
hubieran tomado

●用法
1)時制の一致:接続法をとる構文で主節が過去で、かつそれ以前に完了した事柄やそれまでの経験・継続

Yo no creía que tu ya hubieras llegado a casa.
あなたがすでに家に着いていたとは思わなかった

2)実現しなかった過去についての願望 「~だったら良かったのに・・・(実際はそうならなかった)」という意味になります。¡Ojaláと一緒に使います

¡Ojalá hubiera nacido en Suiza.
スイスに生まれていたらよかったのに(実際はスイスに生まれなかった)

ちなみに以前もやりましたが接続法過去を使うと実現性の低い現在の願望になります
Si yo fuera Obama, trataré con indiferencia contra China.
僕がオバマだったら中国にたいしては冷たくあしらうだろう

3)条件法:実現しなかった過去の事柄の仮定とその帰結
接続法過去完了+直接法過去未来(現在の帰結)
       あるいは
接続法過去完了+直説法過去未来完了(過去の帰結)

●Si hubiera estudiado más, sería estudiante de Havard.
もっと勉強していれば(今頃は)ハーバードの学生であったかもしれない

●Si hubiéramos salido antes, no habríamos perdido el tren.
もし私たちがもっと早く出ていたら、電車に乗り遅れなかっただろう

ここでちょっと過去未来完了形について説明します

●直説法過去未来完了とは
haberの直説法過去未来+過去分詞でつくります

habría hablado
habrías hablado
habría hablado
habríamos hablado
habríais hablado
habrían hablado

用法
⑴現在や過去の事実と異なる条件で、過去にしていたかもしれない事柄(条件文の帰結)

Yo que tu, se lo habría hecho.
僕が君ならそうしてただろう

⑵過去から見て未来のある時点までに完了しているであろうこと

Me dijo que habría terminado el trabajo para ese viernes.
その金曜日までには仕事を終わらすだろうと彼はわたしに言った