English  洋書で学ぶ英語 Charlotte’s web③

●”Once upon a time,” she began, “I had a beautiful cousin who managed to build her web across a small stream.(p102)
彼女は語り始めました。「むかしむかし私にはきれいないとこがいました。彼女はなんと小さな小川を横切ってクモの巣を作ったのです」

ChartteがWilburに昔話をする場面です。

once upon a time むかしむかし  おとぎ話なんかに定番な決まり文句ですね。

manage to  (苦労して)なんとか~する (困難なことを)成し遂げる やってのける

stream  小川

For that matter I don’t understand how a spider learned to spin a web in the first place.(p109)
もっというとそもそもクモがどうやって巣を張ることを学んだのかわからんですねえ

Fernが母親に「Charlotteの話が最高におもしろいのよ」みたいなことを言うもんだから、母親は娘がおかしくなったと思い医者に相談に行きます。上の文はその医者とのやりとりの一部です。

for that matter    そのことなら、  それをさらに言うと(前言に付け足してさらに何かを言おうとするときに使います)

spin a web  (クモが)巣を張る

in the first place ⑴そもそも、 元はといえば
⑵まず始めに(書き言葉)

●”I didn’t  know you could lay eggs,” said Wilbur in amazement. “Oh, sure,” said the spider. “I’m versatile.”
「君が卵を産めるなんて知らなかったよ」ウィルバーは驚きながら言った。「あたりまえさ、私はなんだってできるのよ」とシャーロットは言った

lay egg  卵を産む  layに(卵を)産むの意味があることを覚えましょう。人が出産するときはgive birth to, have, deliverなどを使います。

versatile (ほめて)<人が>なんでもできる、 多様な才能がある、<道具等>多目的な

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です