Spanish  文法 直説法過去未来

過去未来形です

<活用>
過去未来の活用は直接法未来形の語幹(hablar, tendr, dir)に-ía, -ías ,-ía, -íamos,- íais, -íanをつけます

<用法>

1)過去における推測

Cuando ocurrió el incidente, yo tendría 7 años.
その事故があったとき僕は7歳だったと思います

2)過去からみた未来

Andrea me dijo que el llegaría a las once.
アンドレアは私に11時には着くだろうと言いました

過去から見た未来ってちょっとわかりにくいと思います。この文ではAndreaが「言った」という過去の基準で考えると、到着するのは未来のことですよね。日本語ではこういう場合も未来形(着くだろう)を使いますが、スペイン語では過去未来形を使います。過去を基準に未来のことを述べているので過去未来と言いうのです。

3)婉曲、丁寧な言い方

Querría esto.
これが欲しいのですが

ほかに仮定法の帰結部分で過去未来形を使用しますが、それはまた今度やります。


Spanish  文法 直説法過去未来」への3件のフィードバック

  1. Good post. I learn something totally new and challenging on blogs I stumbleupon everyday. It’s always useful to read through content from other authors and practice something from other web sites.

  2. Very nice post. I just stumbled upon your blog and wished to say that I have truly enjoyed browsing your blog posts. After all I’ll be subscribing to your feed and I hope you write again soon!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です