英語教師夏目漱石

著者:川島幸希
出版社:新潮社(新潮選書)
おすすめ度★★★★★

419WC5WWFEL__AA160_

夏目漱石の英語力、英語教育法、教師時代など漱石の英語にまつわるエピソードが満載です。帝大、一高などで英語を教えていた漱石では子供のころは意外にも大の英語嫌いだったそうです。でも大学予備門での落第を期に猛勉強に励み、高等中学校卒業まで主席でした。この本には18、19歳ころの漱石が書いた英作文がいくつか収録されているので、ここで『縁日』を説明した文章を抜粋します。当時の彼の英語力、それに文章構成力を測る目安になると思います。

                                           An Ennichi
In Tokyo, there are so many temples, dedicated to gods, that almost every day in the month is a festival day, held in memory of one of those gods. Near my house, there is a small temple dedicated to Inari. Though the temple is not magnificent, the festival is very popular. It is called Goto-Inari. The 5th  instant was a festival day and I went at night to it. On that night the weather was very clear and the street was so crowded by people that I hardly made my may through them. By the road, market gardeners arranged their plants to sell them. I bought a plant from a market-gardener and returned home at 9 o’clock.

3rd Grade B
K. Shiohara

そのほかにも教師時代のエピソードなんかが面白かったです。予習をしてこない生徒を厳しくしかり飛ばしたり、間違った解釈なんかしてたら嫌味ったらしく「君はどこの中学を出たのかね」と言って戸籍調べを始めて貶したかと思うと、朝7時から8時まで課外授業や夏休みさえも希望する生徒に英語を教えていたなどとても面倒見の良い先生だったみたいですね。
目次

第一章 漱石の英語力

第二章 漱石の英語教育論

第三章 英語教師夏目金之助(松山・熊本時代)

第四章 英語教師夏目金之助(帝大・一高時代)

第五章 作家漱石と英語教育