第1回 La amiga más amiga de la hormiga Miga(アリのミガの大親友)

今回から児童書を扱っていきます。扱う本は『La amiga más amiga de la hormiga Miga』という本で対象、年齢は7歳からとなっています。

La mejor amiga de la hormiga Miga era la jirafa Rafa.
Durante mucho tiempo las dos amigas no se conocían porque la distancia entre ellas era tan grande que no podían verse aunque se cruzaran por el camino.
La hormiga Miga, por más que levantara la cabeza, no lograba ver más arriba de las flores y los juncos del prado. Y la jirafa Rafa, por más que agachara la cabeza, no lograba distinguir una piedra de una boñiga de vaca.
La hormiga Miga no imaginaba que existieran seres tan altos como la jirafa Rafa. Y la jirafa Rafa no pensaba que existieran seres tan diminutos como la hormiga Miga.

アリのミガはキリンのラファと大の仲良しでした。長いあいだこのふたりは知り合うことはありませんでした。ふたりのあいだの距離がとても大きくて、道ですれ違ったとしてもお互いの存在を見ることができないからです。
アリのミガがどんなに頭をあげたところで草原の花やい草の上の方を見ることはできません。キリンのラファにしてもどんなに頭を下げたところで石ころと牛のうんちの違いを見分けることはできません。
アリのミガにはキリンのラファのような大きな生き物がいるなんて想像していませんでした。キリンのラファだってアリのミガのような小さな生き物がいるなんて考えてもみませんでした。

hormiga アリ

jirafa キリン

tan~que… あまりに~なので・・・

por más(+名詞・形容詞・副詞) que+接続法 どんなに~しようとも

lograr +不定詞 どうにか~する

junco イグサ

prado 草原、牧草地

boñiga 牛の糞、馬糞

diminuto  とても小さい