洋書で学ぶ英語 Matilda③

● It’s made me a mint.(p25)
大儲けしちゃったぜ

mint ⑴(くだけた言い方)大金、大量 ⑵造幣局
<形容詞>真新しい、出たばかりの cf, in mint condition 新品同様の
<動詞> (貨幣を)鋳造する=coin

●”Who the heck do you think you are,” he shouted.(p25)
彼は叫んだ。「お前は一体何様だと思ってるんだ?」

the heck (疑問詞の直後で)いったい全体
what the heck!「かまうもんか」も覚えましょう

●She decided that every time her father or her mother was beastly to her, she would get her own back in some way or another.(p29)
両親が彼女につらくあたるたびに彼女はなんとかしてやりかえそうと決心した

every time   ・・・するたびに

get one’s own back (くだけた言い方で)仕返しをする 復讐する
=Revenge

in some way or another なんとかして

●In an effort to save face, he adopted a casual attitude hoping that his staff would think that he actually meant to keep his hat on all day long just for the heck of it, like gangsters do in the films.(p32)
面目を保とうと何食わぬ態度を決め込んだ。映画のなかでギャングがするように、面白半分で一日中帽子をかぶろうとしてるんだろうと従業員が考えてくれるのを望みながら。

一文が少し長いですが構造はhe(=S) adopted(=v1) hoping(=v2)でthat以下がhopingの目的語になっています。気をつけておきたいのは現在分詞hopingの訳し方です。V1してV2した、あるいはV2しながらV1したというように訳します。

マチルダが報復として父親の帽子のなかの縁のところに接着剤を塗ってしまって父親の帽子が脱げなくなってしまいました。。

save face 面目を保つ

adopt ⑴採用する、選ぶ ⑵養子にする

casual  ⑴あまり気にしない、無頓着な ⑵普段着の

mean to  ~するつもりである

all day long   一日中

for the heck of it   なんとなく、面白半分で

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です