Spanish 文法  点過去と線過去の使い分け 練習①

こんにちは。今日は点過去と線過去の使い方をまとまった文章で見ていきたいと思います。さっそくですが次の文章の()内の動詞を点過去か線過去に変えてみてください。

Aquel día (1)(llegar  yo)___ pronto al aeropuerto, más o menos a las diezy media. No (2)(haber) ___mucha gente. 

(3)(Facturar  yo)___ las maletas y (4)(recoger)___ la tarjeta de embarque para embarcar rápidamente.

(5)(Entrar)___ en la zona de salidas internacionales. Allí  (6)(ir) ___a comprar una botella de vino para mi amigo Pablo.

En la tienda (7) (haber)___ mucha gente. Yo (8)(estar)___ mirando unas corbatas cuando la (9)(ver)___ por primera vez.

(10)(Ser  ella)___ muy guapa. (11)(Llevar ella)___ un abrigo verde y una bolsa de piel negra.

(1)llegué になります。空港に早くに到着したという行為が完了しているからです。
(2)había です。人があまりいなかったという過去の状況を表しています。
(3)Facturéです。手続きをしたという動作の完了を表しています。
(4)regogí です。搭乗券を受け取ったという動作の完了です
(5)Entréです。国際線の搭乗口に入ったという動作の完了です。
(6)fui です。買いにいったという動作が完了しています。
(7)habíaです。人が大勢いたという状況です。
(8,9)estaba , víです。これはネクタイを見ていたときに彼女に初めて会ったという意味です。

cuando やmientrasのような副詞をともない「~しているときにーした」『~している間にーした」というときには、「~しているときに」は線過去を使い「ーした」のときに点過去を使います。
例 Cuando llegamos al aeropueruto, nos esperaba el guía.私たちが空港に着いた時には、ガイドが私たちを待っていた。

空港に着くという行為の完了にたいしてガイドはそれ以前からずっとまっていたのです。その待つという持続的な時間の経過を線過去で表しているのです。
(10)Eraです。状況描写しているところです。
(11)llevabaです。 服を身に着けていたという状況描写です。  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です