デヴィスカップ優勝のイギリスがテニスの育成に力を入れる決意

先日デヴィスカップで見事に優勝を遂げたイギリスが新たな才能を発掘するために無料で一万本のラケットとジュニアの無料講座を提供すると発表しました。

これはテニスを始める子供たちのきっかけになりそうですね。日本も錦織選手のおかげでテニスがだいぶクローズアップされて人気が出てきてると思いますが、費用が結構ネックになるんですよね。ラケットにガット、それからシューズ、特にガットとシューズは頻繁にかえる必要もありますしね。それから一番の悩みの種といえばコート代。僕の地元だと2時間で3,000円もかかるんです。どう考えても高いですよ。1時間150円くらいにならないかなあ。

それじゃ英語にいきます

The Lawn Tennis Association says it will hand out 10,000 free rackets and offer 10,000 free junior tennis courses across the country.

hand out  …⑴に物を配る 分配する ⑵(一方的に)<許可・忠告など>を与える

Davis Cup captain Leon Smith says “we want to make a difference in capitalizing on this unique opportunity to get as many kids on court as possible.”

make a difference    重要である、影響がでる

capitalize on ~を利用する、につけ込む

as … as possible できるだけ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です