スペイン語映画紹介『EVA<エヴァ>』

原題:Eva
監督:キケ・マイーリュ
脚本:セルジ・ベルベル、クリスティーナ・クレメンテ、マルティー・ロカ、アインツァ・セラ
出演者:ダニエル・ブリュール
上映時間:94分
おすすめ度★★★☆☆

518GTlybjoL

<あらすじ>
近未来のSF映画。2041年、ロボット科学者のアレックスは子供型ロボットの研究開発をするため10年ぶりに故郷の地を踏む。実家で研究にあくせくするなか街でエヴァという名前の少女に出会い、彼女に感銘を受ける。アレックスは彼女をロボットのモデルにしようと考えるが、実は彼女は、かつて愛した恋人ラナと兄ダヴィットとの間の子供であった。アレックスはエヴァと親しくなる一方、元恋人ラナとも急接近する。しかしこれを良く思わない兄との間で大喧嘩をしてしまい、アレックスは街を出ることを決意するがそこにラナがが現れエヴァの秘密を明かす・・・

imagesVGWIVMP8

 

エヴァの秘密・・・なんとなく分かりそうですよね(笑)まあでも普段SFを見ない僕でも十分楽しめました。スペイン語も比較的聞き取り安かったです。