「水アレルギー」なるものと戦っている女の子がいる

Womwn’sHealthからです。アメリカのユタ州に住むある18歳の女性は水アレルギーに苦しんでいるという。

Chris-Nuzzaco

Alexandra Allen suffers from “aquagenic urticaria“, a rare condition that causes her to break out into hives when she’s exposed to water.
“I describe it as like the top layer of your skin getting sandpapered off – you feel very raw,” Alexandra tells Science of Us. “And there’s an incessant, burning itch. If  I’m not taking anything whatsover, I will have hives every day.”
アレクサンドラ・アーレンは「水じんましん」に苦しんでいる。これはまれな病気で、水にさらされるとじんましんがたくさんでてくるという。
「私はそれを肌の一番上の層が紙やすりでこすられるようなものだと表現しています。ひりひりしますよ」と彼女は Science of Usに語っている。「それから絶え間なく燃えるような痒みがあります。もし何もしていなかったら毎日じんましんがでるでしょうね」

aquagenic urticaria  水じんましん

condition 状態 、(長期にわたる)病気

break out  急に起こる (人・身体の一部が)吹き出物でいっぱいになる

hives<単複同形> じんましん

describe A as B    AをBと表現する(言い表す)

raw   <形>ひりひりする

itch かゆみ

彼女はおおむね1日おきにじんましんがでるそうだ。また汗にも反応するらしく、汗をかいた日にはじんましんでいっぱいになるという。彼女は次のように続ける。

“I try so hard not to be awkward, and sometimes I’ll be in a social situation in pain and itching, but I care more about how the hives look, so I focus on trying to cover them up,” she says. “A teenager doesn’t want to have to keep explaining to people, ‘Sorry, I have a rare medical condition that makes me look like a freak,'”
「ぎこちなくならないように一生懸命努力します。そして時々はいたみや痒みの中で仕事等の社会的状況のなかにいることもあるでしょう。だけど私はじんましんがどのように見えるかということにより多く気をくばっています。ですのでそれらを隠そうとすることに焦点を当てています。10代の子って人に説明し続けないといけないなんて嫌がりますよね。『すいません、私は珍しい病状を患っていて、それがおかしい人みたいにさせているんです』

freak  オタク、マニア、変わり者、変態

お湯が熱ければ熱いほどじんましんが悪化するので、彼女は毎週2分の冷水のシャワーだけだ。また手は消毒液(sanitizer)で、顔はウェットティッシュ(cleansing wipe) で洗っている。
アレクサンドラは水を飲んでいるが、彼女が言うには喉にも影響を与える可能性があるという。「私はしょっちゅう脱水症状になります。飲みすぎて問題が起きたらいやなので」